パワーストーンと鉱物のちがい

パワーストーンというのは元々何であるのかあまりよく知らない方がいるかもしれません。
パワーストーンというのは自然の中にあって採れるものです。
パワーストーンができるまでの流れがこちらにかいてありますので気になる方はご覧ください。
つまり、人工的に作り出したものはパワーストーンとはいえません。
それでは、パワーストーンと鉱物にはどのような違いがあるのかと疑問に思う方がいるかもしれません。
パワーストーンは昔は天然石と呼ばれていました。

そして、天然石というのは結局は鉱物と同じものなのではないかと思う方がいると思います。
結論をいうと、基本的にパワーストーンと鉱物というのは同じ物を指しています。
少なくとも科学的な観点から考えたら両者に全く違いはありません。
では、鉱物とパワーストーンという2つの呼び方を使って、何を言い表しているのでしょうか。
それは、パワーストーンには不思議な力が宿っていますが、鉱物には全くそのような力はないということです。
では、パワーストーンには何故不思議な力が宿っているのでしょうか。

それはよく分かっていません。
言い方を変えると、鉱物の中で不思議な力が宿っているものがパワーストーンであると考えてもよいでしょう。
パワーストーンを持つことによって、人間は多大な効果を期待することができます。
その大きな力は人生を大きく変えてしまうかもしれません。
お金の巡りが良くなってきたり、健康的な生活を送れるようになります。
パワーストーンには偽物もありますが、偽物の場合は上記のような力は一切ありません。

ただの鉱物です。
よって、普通に宝石店で売られているものは鉱物であると考えてよいでしょう。
パワーストーンの場合は、パワーストーンであることを強調して売られていることが多いです。
パワーストーンを購入する場合には、普通の鉱物を買わないように注意をしましょう。
普通の鉱物を偽ってパワーストーンとして販売して、さらに多額のお金を請求するということが詐欺行為として行われているからです。
本物のパワーストーンを入手できるようにがんばりましょう。

Copyright (C) 神秘の力 All Rights Reserved.